アニメビジエンス Vol.13

2017年3月発行(3月17日より発送開始)

アニメのビデオグラムが売れないと言われるようになって久しいが、本当にそうなのだろうか? 最近の販売データを見る限り、その傾向はある。しかし一方で、売れている作品もある。売れている作品と売れていない作品の差は何なのだろう。製作本数の増加による影響なのか? それともネット配信の影響なのか? アニメ ビジエンスが探る。第13号の表紙は、松原秀典氏の描く『夕凪の街 桜の国』です!

  • WEB STORES
  • キャラアニ.com
  • amazon.com
  • とらのあな

巻頭特集

アニメのパッケージビジネスに未来はあるのか?

・本当にアニメのパッケージ・ビジネスは崩壊しているのか?
・作品と企画の「熱量」がパッケージ売上という評価に表れる
・「売る現場」に聞く アニメは依然としてパッケージ市場の柱 ──2017年は分水嶺の年となるか?
・パッケージは「作品愛の受け皿」 ユーザー調査から見えてきた買う理由、買わない理由

INTERVIEWEE

VRはアニメとゲームを融合するのか? VR体験がもたらす、アニメの新しい未来とは
― SIE吉田修平氏に聞く

アニビズデータバンク

2016年7月〜12月期
・国内のTVアニメ、劇場用アニメ、OVAのデータを掲載

連載

クリエイターズVOICE:片渕須直
Check It Out! クリエイティブ・スタジオ:株式会社クリエイターズインパック
福井健策の著作権と法務とアニメ
アニメソムリエスワッチ(*1)の業界見聞録:アプリ「舞台めぐり」
SHIROBAKOキャリア ~業界関係者女子会~:グッドスマイルカンパニー
武者慶佑の僕がイタイ
アニビズクロスオーバー1:Anime Now!
アニビズクロスオーバー2:絵梦 株式会社
Japanese Anime 定点観測

*1:読売テレビ/プロデューサー・諏訪道彦